ぎたんじゃりニュースレターvol. 52を発行しました!

1ぎたんじゃり通信52号1p

ぎたんじゃり通信52号2p

ぎたんじゃり通信52号3p

ぎたんじゃり通信52号4p新
スポンサーサイト

4月3日

ここ何日も、パスワードを忘れてしまい、焦っていたのですが、ひょんなことからまたぐうぜんつながりました。
再申請を行っていて、何にも連絡がこないので、再発行をあきらめていましたが、よくわかりません。
ITオンチがブログを続けていくことの限界を感じました。
今後どうすればいいのか思案中です。
フェースブックをやるのが精一杯ですので、何とか考えますね~~
ひとまず、復調です。

フェアトレード春夏カタログとぎたんじゃり通信52号の発送について

こんにちは~、春の兆しを感じたと思えば、また逆戻り‥‥。三寒四温もまだ遠のいた今日この頃の寒さです。
春夏のフェアトレードカタログと通信の発送に入ります。(いつもながらなかなかモタモタしています。)

今季からピープルツリーのカタログの形態がまた変わりました。1冊が薄くなって、年2回より何度か回数が増えるようです。
手元にはvol.2まで来ているのですが、一般にはまだvol.2が出ていません。もう少し待って、2冊ご一緒にとも思いますので
カタログ会員の皆様は、もうしばらくおまちくださいね。

通信にも書いたのですが、近ごろのフェアトレード事情について、国際理解教育でもテーマにしている
大切な「わたし」、大切な「あなた」、大切な「みんな」の部分の「みんな」へのステップが止まっています。
世界は今、自分(自国)さえよければが大手を振っています。

自分のため(=利益)にならないことには、まったく関心がないようです。まわりまわってすべてはつながり、いつか
自分や自分の大切な孫子に影響が「でてくるだろうに、見える範囲の目先の利益にとらわれ過ぎですね。

「そんなことしてなんのためになるの?」「何の役に立つの?」これらのセリフがまさにそうです。

今現在の世界のつながりや、直接目には見えないかもしれない貧しい暮らしを強いられている人々、彼らはすべて
豊かな国の人々の豊かさを支えてくれているのに・・・・

自分とは関係ないわ、自分さえよければそんな人たちのことなんて・・・・

見れば心も痛むから、見ようとしない、見ずにすむなら、知らなければ知ったこっちゃないわけです。
この季節、名古屋の有名デパートのチョコレートフェアは数週間で18~20億円の売り上げとか・・・・。
一人当たり平均1万円の購買額だそうです。たった1粒が400~500円もする有名シェフの創るプレミアムチョコを買い求める客が殺到しています。この現象を見る限り、フェアトレードチョコレートの350円がとても高くは思えません。

このチョコレートができるまでに関わる人々(原料のカカオや砂糖の生産者から、製造、流通、販売・・・)すべてが、正当な対価を得て、人間らしい暮らしができるなら、安いものです。自然環境に配慮して安全に作られているならなおさらです。
グローバル化の進む現代、世界はあらゆることでつながっています。構造的な問題を考えずして自分だけの利益をいつまで
追求できるのか不思議です。
7代先の孫子のことまで考えて、選択するとまではいかなくても、せめて世界を俯瞰してながめて、大切な自分と自分の大切な人達の未来を考えて物を選んでほしいなあと思います。

この季節、デパートやスーパーのチョコレート売り場の山のようなチョコギフトを見ると辛くなってきます。


2017年1月4日

晴れて、明けまして、おめでとうございます。
昨年は喪中でしたが、喪中はがきを省略しました。
早々に賀状をくださったみなさま、ありがとうございます。
年々、断捨離実行中ですが、昨年のように家族を2人、友人を3名送った身としては、
終い方をいやおうなく考えさせられる1年でした。
まだ、わたしの両親はなんとか生きていますが、なにせ91歳と86歳、母は介護ホームで暮らしています。
彼らをしっかり送ることが今の私の、当面の使命です。
というわけで、喪中はがきも省略ついでに、年賀状もそろそろ終いにしようかと思うこの頃です。
FBやメールでやりとりのあるかたは、どうぞお互いに断捨離していきましょう。(笑)

物質的な物への執着は、年々軽くなっていくようですが、自由や平和、人権、環境・・・などの国際理解教育の目指す
テーマについては、まだまだ希望が捨てられません。

残りの人生、ささやかな歩みの一歩でも、少しでも続けていこうと思います。
1月14日(土)13:00~ どくしょ界のテーマは「ジェンダー」です。ご興味ある方はご連絡ください。
その他、沖縄高江のドキュメント映画を見る会、「カンタ・ティモール」の上映会などこの地域でもいろいろな動きがあります。
どこかで、接点があればお会いしましょう。

元気で希望をとりこんでいきましょう~



12月7日 どくしょ界へのお誘い(2)

 こんにちは~、寒くなってきましたが、日中の日差しはまだ暖かく感じられますね。
12月10日13:00~悠遊舎3F にて 定例の「どくしょ界」あります。
先回に引き続き、「メディア・リテラシー」の続編です。

先回はマインドマップを書いて、人と比べてみたり、1つの事実でもメディアによってどんなふうに書き方が違うのかを
比べてみました。おもしろかったです。

1つの記事に対して、だれひとり同じ読み取り方をしていません。あくまで主体的に読み取るということで、単なる読解力ではありません。その意味では、みなさんさすがにしっかりと自分なりの読み取り方をされていたので感動です。

今朝の中日新聞で、国立情報学研究所教授の新井紀子さんの講演会のお知らせが掲載されていましたが、彼女のユニークな研究は最近ネットでもよく見かけます。「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトを立ち上げた先生です。

AI(人口知能)の可能性と限界について研究されていますが、最近のこどもたち(大人も入っているかも)はコンピューターの情報収集のようなパターン化されたものや記号として言葉を暗記しているので、意味を理解して使ってないし、理解していないといわれています。まさにそう思います。AIロボットが人間の仕事を駆逐していくことは、もはやそう遠くないでしょう。でも人間にしかできないこと、情報やデータではなく、意味から理解し、自ら考え、そして動く、これができないならロボット以下となりそうです。

試験問題を穴埋めのパターンとして見ていると、コンピューターの情報処理と同じになってしまい、それならコンピューターの方が
ずっとスピードもはやく、処理能力にたけている。

内容や意味をきちんと読み取り、そこから主体的に読み解くことがリテラシーなら「読める」人間、「考える」人間を育てなくてはならない。 なのに文科系、哲学系の学部はそろって廃止の方向です。

最近、言葉が軽く、意味も反対に使われていて、素通りしている。言い換えが多い、
「戦争→平和」「危険→安全」・・・・「2度と戦争の惨禍を招かないと誓う」その口で、武器を製造し、輸出し、非核化に反対し、
「道徳」を評価の対象科目にしつつ、賭博は合法化、・・・ギャンブル依存症を減らそうといいながら、バクチはOK
なんかおかしくね?   健全な賭博ってあり? それにも慣らされていくのかな~~ 不思議な国だ、日本は。
プロフィール

ぎたんじゃり

Author:ぎたんじゃり
1998年9月に愛知県安城市に開店したフェアトレードとエコロジーを推進するお店です。
2013年6月より、刈谷市に移転し、この地域のフェアトレードの窓口としての役割を担っています。
「Think globally Act locally」の精神で公正な社会、共に生きる社会を目指して、発信を続けていきます。

最新コメント
カテゴリ
リンク