FC2ブログ

7月7日

 7月7日はやっぱり雨降りですね。すこ~し、曇り空ですが夜半はどうでしょうか?
フェースブックにせよ、ブログにせよ発信し続けるのはなかなか大変です。日々いろんなことが起こり、いろんな思いが錯綜しますが、自分でもまとまりがつかなかったり、個人的なことであったり・・・。
「個人的なことは、すべて政治的なこと」、この名言もまたしかりですが、日々の葛藤を文字化して、
何らかのアクションをしていくことも、これまたエネルギーのいることです。自分のできる範囲で取捨選択をしながら、優先順位を考え、ささやかに積み重ねていくしかありません。
最近のアクションの1つは、対等な話し合いの積み重ねの練習です。これまでもいろんな活動をやってきましたが、最終的にこれができなければ、民主的な合意形成には至りません。仕事としてやっている国際理解教育のワークショップはまさにそのスキルを積むものですが、仕事以外の人間関係の中でもこのことがとても気になります。
 ある選挙運動を手伝ったときにも、それを強く感じました。また、個人的な対人関係においてでも、いつもそれが頭をよぎります。
どんなに理念や理想が似通っていたとしても、相手を尊重して対等な話ができない人はたくさんいます。
 最近見た映画の中の1つですが、「RBG」(ルース・ベイダー・ギンズバーグ)、アメリカの(女性)最高裁判事のドキュメントですが、彼女は女性の権利を法の下の平等の観点から、さまざまに改革を行った人です。しかし、彼女の友人の一人に、彼女とは全く信条の正反対の保守の男性がいます。その彼との関係性をみるにつけ、思想信条が違えど、互いを尊重しあい話し合いができる関係もあることがよく理解できます。相手を個人として対等に尊重すれば、話し合うことができるということです。なかなかおもしろい関係でした。
 最近は似通った理想を語る人たちにそれができてないことを感じることが多く、がっかりが多かったので、なるほどと思いました。
自分だけが正しい、自分がスタンダードと思い込んでいると、人の声に耳を傾けることができません。
二人で話していても、一方的に5分以上、立て続けにしゃべり続ける人、すでに人権侵害です。(笑)
(対等な)親しい人と話していて、話す時間のバランスを考えてみたことがあるでしょうか?ヒフティ・ヒフティなら、気持ちよい会話ですが、7:3、8:2、9:1なら、圧迫感でおしつぶされそうになります。気持ちよくありません。最近は気持ちよくない圧迫感を感じると体が避けてしまいます。
 多様性の尊重がいわれて久しいですが、自分とは異なることを受け止める力こそ、今問われていると思います。
それは同意することではなく、相手を受け止め、尊重するところから始まり、対等な関係性が築かれていくと思います。
民主主義の原点もそのあたりかな~と、長年の活動や人間関係をふりかえりつくづく思います。反省ももちろんあるので、自分にも言い聞かせるように思うようにしています。また、
気づきのタイミングも人それぞれと思い、寛容になることも心がけていますが、気持ちよくない関係性はやはり避けようとしていることに気づきますが、自分にエネルギーがなくなってきていることも確かです。エネルギーの使い方も自然と考えているようです。
日本社会に増々蔓延している同調圧力に流されることなく、自由な個人としてだれもが尊重される社会・・・・。
なんといっても、抑圧されない自由が心地よいからです。
リベラルな人たちもその辺が浸透するといいですね~~。
 
スポンサーサイト



4月21日

お知らせです。
5月11日、どくしょ界を開催します。
ぎたんじゃり閉店から5年間、細々と続けてきた会です。
「多様性と対等性」をモットーに民主的話し合いをコツコツと重ねてきました。
テーマも担当者も毎回変わります。
次回は上記に開催します。

いつもはクローズドな会ですが、(なぜかといえば日程が土壇場になって変更したり、急に今日はなしとかいう臨機応変な会のため)
次回は一応今のところ確定しました。(笑)
たまには告知してみようと思います。ご興味ある方はご連絡くださりませ。
詳細をお知らせします。では~~~

2月21日

 はやいものですね。時の流れはさらに加速している今日このごろです。
時の流れを速く感じるのは、たぶん年齢が増すにつれて、といいますがまさにそのようです。
それがなぜそう感じるのかといえば、感動がなくなったからだとチコちゃんは言っています。
心が動くことが多い人は、たぶん時間もゆっくりかもしれません。
昨日会ったことを思い出すも、どんなことがあったかも忘れてしまっている昨今、それこそあっというまの24時間です。
それに比べて、子どもはあったことを事細かく覚えていて、それを思い出し、言葉にするだけでもすごい時間がかかり、きりなく思い出すようです。そりゃ、時間はかかっているわな~。

それなりにいろんなことをやっていても、もう慣れっこになっていて、さして感動もおぼえなくなってしまったからか
なんだか味気ない気がします。
国際理解教育のワークのプログラムの中に、昨年の今頃はできなかったけど、今はできるようになったこと
というのがあるのですが、この年になると昨年の今頃はできたのに、今はできなくなったことのほうが目立ちます。
このプログラムは高齢者むけにはやらない方がいいかもしれません。(笑)

でもできないなりに、なにかしら夢を持っていたいものです。
最近のささやかな夢は、練習しているネイティブ・アメリカンフルートの仲間で、慰問のボランティア演奏をすることが
目標です。ちょっと楽しい夢です。実現するかはまだまだですが、いつかはどこかでのささやかな夢です。



12が8日

また1か月があっという間に過ぎてしまいました。やることが特段多いとも思えませんが、やり方と要領がだんだん悪くなっているようです。フリーというのは、自分ですべて管理しなければならないわけで、スケジュール調整や段取りなど、本当に大変です。毎日決まったお仕事の方がよっぽど楽かもしれません。やることを考えなくても職場に行けばやることが待っているわけですから。(笑)
 
 遠距離介護が入ってくるので、これがまたスケジュールを調整しなおすことになり焦ります。93歳の父は、奇跡的に快方に向かい
病院を出されるようになりました。普通の人のように回復したわけではないのですが、胃ろうが効いたようで薬品による治療が終わりました。リハビリとはいうものの、車いすに座る練習からです。1年半、寝たきりだった足腰はもうほとんどいうことを聞いてくれません。
車いすに座らされても15分も持ちません。これからもおそらく、なが~~い闘病生活です。意識はしっかりしているのでなおさらかわいそうです。まだベッドの横に本と携帯をしっかり確保しています。元気な時に終末期には胃ろうをしないと言っていたのですが、胃の治療が薬や、内視鏡でできなくなったので、やむなく胃に穴を開けました。治療後からは栄養補給が始まり、めきめき回復してきました。命は不思議です。生まれることも死ぬことも自分では決められないようです。どんな死に方を選ぶかも、どのくらい達成されるのかわかりません。せめて、エンディングノートは書き記しておこうと思いますが、それでも自己決定はどこまで可能なのかむずかしいようです。母の逝き方、父の終末期からいつも考えさせられています。まして、だれかの、あるいは両親であっても、いのちにつながる決定を自分がしなければならないのはどうしても避けたいです。意思疎通ができるのにもかかわらず胃ろうを断ることはできませんでした。この1年も大手術のあと、何度も危篤になりましたが、そのたびに最善の処置をお願いしてきました。今となっては父の遺志を聞くことすらできません。少しでもながく寄り添ってあげたい(いてほしい)子のわがままかもしれません。

 

11月1日

 ぎたんじゃり通信55号はこの号で最終号となりました。発送後も個人メールやお電話などいただき、ありがとうございます。
本当に長いお付き合いの会員さんもいらっしゃり、20数年の歳月の長さを感じました。(責任も感じています。)
また、ここ20年知立市の福祉祭りにフェアトレード出店してきましたが、それも今年で最後にしました。
ここでもなつかしい常連さんや、長くフェアトレードの革製品を愛用してくださったお客様もあり、うれしい会場でした。
知立市で、ながく国際協力の活動を続けてこられた「あおみの会」さんには、ぎたんじゃり開店当初から、知立市の福祉祭りでの出店を勧めてくださり、サポートしていただきました。感謝です。
 フェアトレードというしくみは、ひとりひとりの消費者の意識とアクションがたよりです。もちろん提案してきた私たちの努力が足りなかった部分もありますが、意識が浸透するにはもうしばらく時間がかかりそうです。
 その意識化や行動変容をうながす後押しを、国際理解教育でもうしばらく遠回りをしながら続けていきたいと思います。
フェアトレードももうしばらくは、つなぎ役をしていきますので、興味関心のある方、自分のお店やイベントで使ってみたいと思われる方がいらっしゃれば、ご遠慮なくご連絡くださいませ。
プロフィール

ぎたんじゃり

Author:ぎたんじゃり
1998年9月に愛知県安城市に開店したフェアトレードとエコロジーを推進するお店です。
2013年6月より、刈谷市に移転し、この地域のフェアトレードの窓口としての役割を担っています。
「Think globally Act locally」の精神で公正な社会、共に生きる社会を目指して、発信を続けていきます。

最新コメント
カテゴリ
リンク