8月3日 けがからようやく復活

こんにちは~、平野です。
実は2週間前に大けがをして、かなりひどい打撲で頭、腕が腫れ上がってとうてい人前にはでられない有様で唸っておりました。顔はお岩のごとく、左腕はひじからはれあがりグローブ状態で紫式部?色のアザでDVでもここまでひどくはないだろうという風袋でした。今週はようやく腫れも引き、ぼちぼち親しい人たちに会い、元気をいただき復活しました。顔がみえなくても懐かしい人からお電話をいただいたりしたことも功を奏したみたいです。たくさんの人に支えられて生気をいただいていることをしみじみ思い感謝しました。

ひどい転び方をしたのですが、ちょうど数年前の交通事故の後遺症がでてきて頭の精密検査をしているときでしたが、転倒しやすさは、単なる年のせいだけではなく、(もちろんどんくさいのですが)頭蓋骨や歯のバランスの悪さからもきているようです。さまざまな多角的視点から症状をみることも大切なことを感じました。ふだんはほとんど西洋医学の医者にはかからず、魔女的処方でのりきってきましたが、今回はしょうもなくレントゲンやCTをとり、たくさん被爆しました。(笑)でも交通事故後の歯の治療によるアンバランスはレントゲンでもよくわかりました。転びやすいはずです。自らのドン臭さを十分認識しながら、これからは一層気をつけようと思いました。みなさまもお気をつけくださいね~。

ちなみに今回も治療は西洋医学には頼っていません。転んだときもレメディを持ち歩いていたので、ずいぶん助かりました。(ご興味ある方はホメオパシーで検索)、そのあと野口整体(野口晴哉氏の整体入門:筑摩書房参照)にかかっています。湿布はビワ葉エキスと里芋粉で湿布薬を作り貼っています。これらの相乗効果で今週はかなり動けるようになりました。外科の医者は骨が折れてないのが不思議といっていました。自然療法のいろいろな治療法を知っていて助かりました。ご興味ある方はぜひお試しください。またお問い合わせくだされば、詳細をおしらせしますよ。

記憶を記録しておくことは自戒でもありますが、案外役立つこともあります。頭痛が起こりやすい天候とか季節とかその時のいろいろな条件を記録しておくと、あとでふりかえって結構役に立ちます。今回は手帳にもしっかと記録しました。年々歳々、鈍くなっていますが、いつかはだれかのお世話になるかもしれないことが頭をよぎりましたが、できうる限り自立していきたいものです。

暑さきびしいおり、みなさまもくれぐれもお身体ご自愛くださいませ~~~。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぎたんじゃり

Author:ぎたんじゃり
1998年9月に愛知県安城市に開店したフェアトレードとエコロジーを推進するお店です。
2013年6月より、刈谷市に移転し、この地域のフェアトレードの窓口としての役割を担っています。
「Think globally Act locally」の精神で公正な社会、共に生きる社会を目指して、発信を続けていきます。

最新コメント
カテゴリ
リンク