8月25日 フェアトレード情報&その他

みなさま、こんにちは~平野です。^^
夏の講座が終わり、ほっと一息。

いよいよフェアトレード業界では秋・冬のカタログが出始めました。ぎたんじゃりでも本日会員向けに発送しました。もうしばらくお待ちくださいね。なお、お会いできそうな方は直接お渡ししますので、はやくご入用の方はご連絡ください。

10月末発売のおなじみのチョコレートは今年から値上がりです。従来の290円から、315円になります。ちょっと残念ですね。でもおいしさと安全性と社会貢献の見地から考えると、まあ妥当な値段かもしれません。つい先日の国際理解教育講座で、ガーナ研修に参加された人が持ち帰ったチョコを食べてみましたが、同じ原料でもスイス製造のフェアトレチョコに比べると、残念ながら味が落ちます。滑らかさが全然違います。同じくブラジルのアグロフォレストリーの現地アマゾンのチョコも応援したいのですが、最近あまりみかけなくなりました。どうしてもぱさぱさ感がぬぐえません。やっぱりチョコの製造にはヨーロッパの技術が群を抜いています。こだわるなら徹底的にこだわり、フェアトレチョコぐらいのおいしさがあるといいですね。でも、ブラジルの生産組合CAMTAは日系人の人たちががんばっていて、お顔がうかびます。カカオ豆の生産もがんばっています。最近はフルッタフルッタのジュースやアサイーで日本にも名が知れるようになりました。暑い夏を乗り切るのに熱帯のフルーツは向いているかもしれません。お試しください。ちなみに私はマラクージャのジュースが大好きです。
めったに飲めませんが、連日40度の日本の夏には相性がいいかもしれません。

また、フェアトレードバナナも悠遊舎で少しずつ浸透してきました。でもまだ中途半端な予約数なので、廃棄がでてしまいます。予約なしでも購入できますので、たまにはフェアトレードを取り入れてみようと思われたら
ぜひお立ち寄りくださいね。毎月第2土曜日に悠遊舎に入荷しています。

さて、最近すかっとしたことのNO.1は、長崎市長の平和宣言!

怒れることは福島での、放射能汚染水の垂れ流し!

残念だったのは、ある県の小学校で「はだしのゲン」の閲覧に制限がついたこと。

もっと議論すればいいじゃんは、「風立ちぬ」の映画の喫煙シーンへのクレーム。

「風立ちぬ」の映画はいろいろな論評がありますが、わたしも喫煙シーンは気になりました。でも、これはむしろ意図的かしらとも思いました。まず第一に歴史的背景、もう一つはこの映画で宮崎さんが一番言いたかったことは、加害者としての関わりだったとしたなら、この喫煙シーンはもっともそれを如実に表していると思います。
結核で患っている愛する人の枕もとで、主人公はたばこをくゆらせながら、飛行機の設計図を描いている・・・
今ならだれが見ても顰蹙ものだが、あの当時はそれが分からない愚かしさです。それは戦争も同じことで、
今の私たちがけっして笑えない風景です。この映画の訴えていることはその辺もすべてお見通しかもしれません。
そんな愚かしさを今また繰り返そうとしているとしたら、これ以上の愚行はないですね。

それを、今作られる映画なら喫煙シーンには配慮すべきだという意見をニュースキャスターの木村太郎氏が真顔でのたまっていましたが、彼のあさはかさにがっかりすると同時にジャーナリストとしての資質に?がつきました。

その後、昔話や童話に関しても、内容が時代と共にどんどん変わっていることについても論議されています。

言論の自由の問題とやはりここでも「記憶の文化」を育んでこなかった日本の教育の理念のなさを感じてしまいます。がっかりではありますが、これを機にみんなが考えていくきっかけになるのはいいことかもしれません。

ようやく恵みの雨模様です。まだまだこの地方では足りませんが、少し水瓶がうるおい、涼しくなってくれると
うれしいです。(ただし、水害に合われた地域のみなさまには、お見舞い申し上げます)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぎたんじゃり

Author:ぎたんじゃり
1998年9月に愛知県安城市に開店したフェアトレードとエコロジーを推進するお店です。
2013年6月より、刈谷市に移転し、この地域のフェアトレードの窓口としての役割を担っています。
「Think globally Act locally」の精神で公正な社会、共に生きる社会を目指して、発信を続けていきます。

最新コメント
カテゴリ
リンク