11月18日山歩きその他

最近、月日の経つのが速いこと、はやいこと!!
もう一か月もブログご無沙汰で我ながらあきれます。忙しさもありますが、やることがテキパキやれません(涙)

12日には新城の雨生山(うぶやま)というところへ山歩きに行きました。313mでは、山登りというにはいささかオーバーかもしれませんが、私にとってはこれでも精一杯です。帰りに岩のところで転倒!またしても打撲です。でも、久しぶりの山はとてもすがすがしく、仲間と共に気持ちの良い時間を過ごせました。みやまリンドウ、ねじ木など覚えてきた名前もあります。ご一緒した73歳の女性の大先輩は矍鑠として力強い足取りで、ほんとうに惚れ直します。あのように年を重ねていけたらと思いますが、自身の軟弱さを思うとがっかりです。筋トレまじめにやるぞ~と決意を新たにしました。ただ、思うに自分の意思とは別に肉体がいうことを聞かないことをつくづく思い知らされます。過去の交通事故の際と今年になって大きなけがを今回を入れて2回やりましたが、意のままにならない肉体を意識がぼうぜんと眺めているそんな事態をこれで3回経験しました。幽体離脱しているわけではありませんが、一瞬の出来事ですが、かなりゆっくりとその場面を観ている自分がいます。ただ単に日々衰えを感じるのとは全然別で、不思議な現象です。肉体というこの不便な乗り物にいささか飽きていることも自覚していますが、もうしばらく快適に楽しみたいものです。おそらくは、これからますます快適には過ごせない事態をもこの乗り物を通して経験させられるのでしょう。それも含めて受け入れて楽しめたらいいですね。

そんな痛い足をひきずって土日は研修に明け暮れました。いくつになっても学びにこれでいい到達点はなく、奥の深さと多様さを思い知らされます。土曜日は愛知県国際交流協会のフレンドシップ教材の活用講座で、私たちの仲間のNIED国際理解教育センターのメンバーが作成に携わった120か国の教材活用講座です。わたしは作成に加わらなかった負い目もあり、せめて活用講座はいいとこどりで学びたいと思い参加しました。世界の国々と肯定的に出会い、それぞれの国の良さや課題を知り、具体的な事例で問題解決の方法を探ることはとても有意義です。さっそく大学の授業にも活用していこうと思います。この教材はだれでも閲覧できますので、興味のある方は
愛知県国際交流協会のHPをご参照ください。

17日は全く別の団体のファシリテーション講座に丸1日どっぷりはまりました。ファシリテーションというキャッチコピーでこんなにもたくさんの人間が全国から集まる(参加者180名)この団体の講座にたまに参加しますが、今回は特に大学生のファシリテーション研究ゼミの学生たちとのコラボで開催されたのでなかなか新鮮でした。
かなり多様な分野からの参加がここの魅力ですが、明らかに私たち国際理解教育と異なる部分は「願いとねらい」です。それでも、とても幅の広い分野で使える手法の活用という点でここまで参加型を浸透させたことが、この団体の努力かもしれません。まったく異分野の人や、大学生と対等な参加者としてグループワークするのも楽しいことです。また、それぞれが自分の身近なところで使える手法を学ぶという点で国理より裾野が広いです。ただ、
「みんな違って、みんないい、なんでもござれ」で、手法を得ることが目的化していることが、ちょっともったいない気がします。もちろん「願いとねらい」が共通している有名人もこの会のメンバーに数多くいます。もしかすると、今回学んだ「正」と「反」→「合」の「合」の部分が融合ではなく、「止揚」という域にあるということかもしれません。(ここは独り言、いつかまた詳しく書きたいです)
とにかくプラス材料をたくさん仕入れた一日でした。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぎたんじゃり

Author:ぎたんじゃり
1998年9月に愛知県安城市に開店したフェアトレードとエコロジーを推進するお店です。
2013年6月より、刈谷市に移転し、この地域のフェアトレードの窓口としての役割を担っています。
「Think globally Act locally」の精神で公正な社会、共に生きる社会を目指して、発信を続けていきます。

最新コメント
カテゴリ
リンク