5月2日 

ブログ更新のタイムリミットの1か月はあっという間です。最近FBをやりはじめたのでますます手が回りません。
アンチITなのに実はオンチITかもしれません。
ネパールの地震災害について、さまざまなところが支援活動を始めています。私のところにも問い合わせがありましたが、基本的に支援したい人が支援先を自分で選択することです。3.11のときもそうでしたが、テレビやラジオでもさまざまな呼びかけがあります。なんとかしたい、なにかできることはないだろうかと本気で自問自答したなら、本気で支援先も調べることですね。自分のお金がどのように使われるかわからないとか、物資はちゃんと届くのだろうかというのも当然の疑問ですが、それすらも自分で考え、もっとも自分が届けたいところに届けれるように最善を尽くしてほしいと思います。その最善をつくすことから支援は始まっていると思います。
 ネパールに事務所を持ち日頃から活動しているシャプラニール、ネパリ・バザーロ、その他にもたくさんのNGOが動き出しています。シャンティ国際ボランティア会、この地域でいえば、なごやNGOセンター、ネパールと関係の深い相生山の徳林寺ではこの連休チャリティマーケットをやっています。他にもたくさんの団体が支援活動を始めています。現地で活動しているNGOと連絡がとれるところが状況がわかっていいと思います。物資を日本から送るのは今は難しいかもしれません。現地でも災害の少ない地域で地元で調達できるものは地元で復興にあたることが現地支援を大きくバックアップするでしょう。現地で支援活動をする人たちのフットワークをよくするために当面わたしたちができるのは資金援助だと思います。支援先を調べることも行動のひとつです。みんなの力がネパールに届き、彼らの
助けにつながることを願います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぎたんじゃり

Author:ぎたんじゃり
1998年9月に愛知県安城市に開店したフェアトレードとエコロジーを推進するお店です。
2013年6月より、刈谷市に移転し、この地域のフェアトレードの窓口としての役割を担っています。
「Think globally Act locally」の精神で公正な社会、共に生きる社会を目指して、発信を続けていきます。

最新コメント
カテゴリ
リンク