4月22日

 西洋医学と自然療法
こんにちは~、忙しくしているとあっという間に一か月が過ぎてしまいます。FBはもとよりブログまで手が回りません。
例年、3月~5月というのは新年度の始まりもあり、わたしにとっては案外ヒマな季節なのですが、このところそうでもありません。
その上、家族の病気などで、公私にあたふたしています。8カ月の孫が初めて発熱したので、突発性発疹かと思いきや、なかなか発疹がでません。保育園に行き出したこともあって かかぜをひいたみたいです。今の所、予防接種も一切させていませんでした。さすがに熱が5日も続くと親も心配になり始めて医者に連れて行きました。即入院となりました。ここまで熱が長引いたのに医者に見せなかったことや、予防接種を受けていないことに対するお説教もいろいろと受けたようで、若いママにとってはかなり痛い思いをしたようです。結局、5日ほど入院し、抗生剤の点滴を受けあらゆる検査をうけましたが、急性上気道感染といういわゆる風邪でした。
 入院先の病院でも予防接種を受けてないことに対するしつこいほどのお説教を受けました。今回の風邪と予防接種を受けなかったこととの関連は全くないにもかかわらず、西洋医学を信頼していない態度に対しての説教です。ママをとりまく環境はとてもハードで彼女をサポーターはいまのところ私しかおらず、情報を共有しながら子育ての悩みを交換していく仲間がいません。
ネットで得られる予防接種のリスクなどの情報をできるだけ教えていますが、もちろんそれらに対する批判の情報も両方、流したうえで結局 親である彼女自身が判断することであることも伝えてあります。

 仕事をしながら子育てをしていく大変さと、西洋医学の環境下で、できるだけ自然に免疫力をつけていく療法を試みていくことの大変さの中、けなげに頑張っている娘を、できるだけサポートしていきたいと思います。西洋医学を全否定しているわけではなく、不必要なリスクをあえて受けさせたくないだけです。
 自然療法へ関心をもつ若いお母さんがまわりにいないので孤独な戦いになりそうですが、できるだけネットでつながれるよう元気づけていきたいです。 私自身も娘の子育て中は、情報不足で不要な接種をいくつか受けさせ、後悔しました。
しかし、今の時代、さらに接種の種類も回数も増え、わずか1歳にも満たないうちに何十種類もの予防接種をさせているのが、現代医療です。だれしもわが子を病気にさせたい親はいませんが、その弱みを最大限に活用して医療産業は成り立っています。
自分の身は自分で守る、取捨選択が常に試されています。若いおとうさん、おかあさん、よぉ~く考えて顔晴るしかないですね。
 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぎたんじゃり

Author:ぎたんじゃり
1998年9月に愛知県安城市に開店したフェアトレードとエコロジーを推進するお店です。
2013年6月より、刈谷市に移転し、この地域のフェアトレードの窓口としての役割を担っています。
「Think globally Act locally」の精神で公正な社会、共に生きる社会を目指して、発信を続けていきます。

最新コメント
カテゴリ
リンク