7月23日 

一か月が経つ前に、ブログにこれました。情報化社会の喧騒の中、自分から発信していくのはなかなか大変です。
フェースブックをやるので精一杯です。でも、私の年代?でFBをやっている人はさほど多くはありません。
年代は関係ないかもしれませんが、おっくうな気持ちはよくわかります。
でも、FBでもブログでもその人がしっかりと特定できるSNSはまだ安心です。匿名のネット社会では不満のはけ口として
デマや焚き付けが多いです。いろんな不満を抱えた人が多いということですね。

熊本地震の際に動物園からライオンが逃げ出したというデマ、関東大震災では、朝鮮人が井戸に毒を流したというデマのせいで
多くの在日朝鮮人の人たちが殺されてしまいました。今はSNSなどの発達でその拡散がさらに膨大な量で速く、拡散されてしまいます。メディアをどう読み解くかということも問われていますが、個人がみな発信できるメディアであるとすれば
その使い方の教育が遅れすぎています。

人の命を左右するまでの危険性をはらんでいる情報化の時代、どう乗り切っていくのか、使っている人たちみんなの問題であり、課題です。いつの時代もどう使っていくのかの前に、すでに大量に売られて、みなが使っているという現実にだんだん乗り遅くれている中、むしろなにもなくてもぜんぜん暮らしていける快適さを模索していくほうが心地良いかもしれない。
わたしなどのIT弱者のひがみでもあり、本音かもしれない。 追われて書くのもだんだんと気ぜわしく感ずるこの頃です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぎたんじゃり

Author:ぎたんじゃり
1998年9月に愛知県安城市に開店したフェアトレードとエコロジーを推進するお店です。
2013年6月より、刈谷市に移転し、この地域のフェアトレードの窓口としての役割を担っています。
「Think globally Act locally」の精神で公正な社会、共に生きる社会を目指して、発信を続けていきます。

最新コメント
カテゴリ
リンク